スマートフォン用の表示で見る

比良城

地理

比良城

ひらじょう

織田信長の家臣佐々成政の生誕地。愛知県名古屋市西区比良三丁目の光通寺は比良城跡にある。区画整理前の住所は大字比良小字寺屋敷で地盤が高くしてある。比良城の規模は東西68М南北72М二重掘りが周りを囲んでいた。天文年間1532年〜1555年に父の成宗が築いた。光通寺の境内の西北隅に「佐々成政城跡」の碑がある。1575年の8月富山城主になった後比良城は廃城となった。

大正4年愛知県史跡保存委員会比良城跡を史跡に指定。城北線比良駅北にある。東名阪自動車道の山田東インター北に位置する。