スマートフォン用の表示で見る

非常に激しい雨

サイエンス

非常に激しい雨

ひじょうにはげしいあめ

非常に激しい雨とは、気象庁における雨の強さと降り方に関する予報用語の一つ。

1時間に50mm以上〜80mm未満の雨で、滝のように降る(ゴーゴーと降り続く)状態で、傘は全く役に立たなくなる。

水しぶきであたり一面が白っぽくなり視界が悪くなり、車の運転は危険とされる。土石流が起こりやすくなったり、都市部では地下室や地下街に雨水が流れ込み、マンホールから水が噴出する、土石流が起こるなど、多くの災害が発生するおそれがある。