非人

社会

非人

ひにん

とおく平安時代にはじまり、江戸時代に定着した身分制度のひとつ。

穢多(えた)とともに、いわゆる士農工商の制度の圏外に置かれた人々をこう言う。