備前喜夫

スポーツ

備前喜夫

びぜんよしお

プロ野球広島カープの選手。 旧姓、「太田垣」。

右投右打、ポジションは投手背番号は14→16番。


1933年10月9日生まれ。広島県出身。

尾道西高から1952年広島カープに入団。同年3月21日の松竹ロビンス戦で初登板完投勝利を挙げる。

長谷川良平と共に、1950年代カープ投手陣を支えた。

1957年備前家の婿養子となり、太田垣から「備前」に改姓。背番号も16番に変更。同年20勝を記録。

1959年、通算100勝達成。

1962年現役引退。引退後は投手コーチに就任。ニ軍監督も務めた。

1977年広島東洋カープのスカウトに就任。1987年より、チーフスカウトを務める。

2002年、退団。