尾花高夫

スポーツ

尾花高夫

おばなたかお

プロ野球選手・指導者。

右投右打、ポジションは投手背番号は32番。

大阪府出身。身長184cm、体重90kg。

PL学園高から新日鉄堺を経て、1978年、ドラフト4位でヤクルトスワローズに入団。

先発としての起用が主だったが、制球力に優れていたことから、リリーフとして活躍することも多かった。

1978年にはチームは優勝を飾ったものの、1勝しか挙げられず、日本シリーズでの出場はなかった。

2年目の1979年から投手陣の一角を担うようになり、1982年から1985年まで4年連続二桁勝利。

1982年8月4日の対阪神戦と8月8日の対広島戦では、2試合連続で延長戦完封勝利という記録を達成した。

しかし1986年から開幕投手をつとめた1988年まで3年連続で最多敗戦という不名誉な記録も持ち合わせている。

以後、エースとして活躍。1980年代のスワローズを支えた。


1991年現役引退

引退後はフジテレビ野球解説者を務める。

1995年、千葉ロッテマリーンズ投手コーチに就任。リーグ屈指の投手陣を形成した。

1997年ヤクルトスワローズ投手コーチとして復帰。日本一に貢献する。

1999年、福岡ダイエーホークス投手コーチに就任。整備し、優勝、日本一に輝く。

2005年、引き続き福岡ソフトバンクホークス投手コーチ。

同年、家族のために長い単身赴任を終える目的で、退団。

2006年、読売ジャイアンツの一軍投手総合コーチに就任。07年から3年連続の優勝、09年の日本一に貢献する。

2010年、横浜ベイスターズの監督に就任。翌年、球団がDeNAへ身売りされたため退任。

2013年、読売ジャイアンツの二軍投手コーチに就任。

球界No.1の理論派投手コーチとして名高い。

リスト::野球選手