尾崎紅葉

読書

尾崎紅葉

おざきこうよう

明治小説家1868年1月10日慶応3年12月16日〕〜1903年10月30日).本名,徳太郎.別号には十千万堂などがある.幸田露伴とともに並称され,「紅露時代」を築いた.

江戸芝の生まれ。父親で角彫りの名人惣蔵は,また一名赤羽織の谷斎とよばれる幇間でもあった.

1883年明治16年)に大学予備門入学,山田美妙,石橋思案,丸岡九華などと知り合い,1885年硯友社結成,「我楽多文庫」創刊.

1889年の『二人比丘尼色懺悔』を「新著百種」の皮切りとして発刊し,出世作になる.帝国大学文科に在籍のまま読売新聞社員となり,井原西鶴を模した雅俗折衷文で『伽羅枕』『三人妻』『多情多恨』を発表.1897年から死の直前まで書かれた『金色夜叉』は,金錢と愛情の相克を描いた代表作として知られる.

門下には,泉鏡花徳田秋声小栗風葉柳川春葉などがいる.