スマートフォン用の表示で見る

尾崎将司

スポーツ

尾崎将司

おざきまさし

プロゴルファー。尾崎3兄弟?の長男。

本名「尾崎正司」。別名「ジャンボ尾崎」。

1969年プロ野球西鉄ライオンズを退団。 →「尾崎正司」参照


1970年プロゴルファーに転向。翌1971年に初優勝を果たす。

「ジャンボ」の愛称で親しまれ、主に日本のゴルフツアーで活躍。

青木功中島常幸と共に「AON」としてゴルフ界をリードした。


ツアー年間最多94勝、年間最多勝、72ホール最少スコア260、3週連続ツアー優勝、55歳7ヶ月での最年長優勝の記録を持つ。

通算で12度賞金王に輝く。


2005年6月、マンダムシードよみうりオープンでプロ通算1000試合出場を達成。