尾崎新

社会

尾崎新

おざきあらた

1948年3月5日‐2010年10月1日)

上智大学文学部社会福祉学科卒業、1993年「慢性分裂病者の「回復」評価尺度に関する研究」で東京大学保健学博士。精神神経科秋川病院勤務、1988年東京都精神医学総合研究所日本社会事業大学講師、助教授、教授、立教大学コミュニティ福祉学部福祉学科教授。専門・担当領域:ソーシャルワーク医療福祉、スーパービジョン。

著書

共編著

翻訳

  • J.W.マッキュロッチ, A.E.フィリップ『自殺行動の深層 その臨床的考察と分析』サイエンス社 1979
  • エリオット・G.ミシュラー, スチュアート・T. ハウザー, サミュエル・オシャーソン, -ローナ・アマラシンハム, ラムゼイ・リーム, ナンシー・E. ウェクスラー『医学モデルを超えて 医療へのメッセージ』丸井英二, 三宅由子共訳 星和書店 1988
  • ジェームス・F.マスターソン『自己愛境界例 発達理論に基づく統合的アプローチ』富山幸佑共訳 星和書店 1990
  • F.P.バイステック『ケースワークの原則 援助関係を形成する技法 新訳版』福田俊子, 原田和幸共訳 誠信書房 1996