美しき運命の傷痕

映画

美しき運命の傷痕

うつくしきうんめいのきずあと

解説

 ポーランドの巨匠クシシュトフ・キエシロフスキの遺稿を「ノー・マンズ・ランド」で鮮烈なデビューを飾った新鋭ダニス・タノヴィッチ監督が映画化。キエシロフスキがダンテの『神曲』に想を得て構想した三部作「天国」「地獄」「煉獄」のうちの「地獄」編に当たる。なお、「天国」編はトム・ティクヴァ監督により「ヘヴン」として2002年に映画化された。ある出来事によって父親を失った三姉妹とその母親がそれぞれに陥る愛を巡る地獄のさまを、緊張感溢れるタッチで繊細かつ情熱的に描く。  22年前に起きた悲劇によって父親を失った三姉妹。それは彼女たちの心に深い傷として残り、いまでは美しく成長した彼女たちがそれぞれに抱える苦悩の遠因ともなっていた。長女のソフィは夫の浮気を疑い、激しい嫉妬が彼女を見境もない行動に駆り立てる。次女のセリーヌは恋人もいない孤独な日々。体の不自由な母の世話を一身に引き受けていた。そして大学生の三女アンヌは、不倫の関係にあった大学教授から突然の別れを告げられてしまう。そんな彼女たちは、思いもよらぬ形で再び22年前の出来事と向き合うことになるのだった。

美しき運命の傷痕 -- 映画 「 美しき運命の傷痕 」の詳細情報

スタッフ

  • 監督:ダニス・タノヴィッチ?
  • 製作:マルク・バシェ?、マリオン・ヘンセル?、セドミール・コラール?、定井勇二?、ロザンナ・セレーニ?
  • 原案:クシシュトフ・キエシロフスキー?、クシシュトフ・ピエシェヴィッチ?
  • 脚本:クシシュトフ・ピエシェヴィッチ?
  • 脚色:ダニス・タノヴィッチ?
  • 撮影:ローラン・ダイヤン?
  • プロダクションデザイン:アリーヌ・ボネット?
  • 編集:フランチェスカ・カルヴェリ?
  • 音楽:ダスコ・セグヴィッチ?