スマートフォン用の表示で見る

美江寺宿

地理

美江寺宿

みえじじゅく

中山道六十九次?55番目の宿場。現在は岐阜県瑞穂市美江寺。

1589年(天正17年)、豊臣秀吉の下地により問屋場が設けられた。江戸時代になって中山道宿場となったが、1637年(寛永14年)が公式の開設である。本陣は1669年(寛文9年)の開設で、以後、宿駅制が廃止まで、山本家が世襲した。

美江寺という名は、「美しき長江のごとくあれ」と祈念されて美江寺という寺院が建てられた事に始まる。719年(養老3年)創建の十一面観音本尊とした寺院。

歌川広重の「木曽海道六十九次・みゑじ」の場所は、美江寺宿の南端から京へ1町ほど(=109m)。描かれている川は犀川(さいがわ)と推定され、このあたりは海から約50km離れているにもかかわらず海抜は約10m、とても平坦で坂があるのはここくらいである。

広重の絵の通り、今でも柿がなり、竹藪がある。大雨が降ると、絵のような水辺が広がる。遠景の藁葺き屋根は美江寺宿の民家。その奥のこんもりした森は神社か? 民家の手前は堤防で、約40年前に桜が植えられ、現在桜祭りが行われている。