スマートフォン用の表示で見る

美濃部達吉

一般

美濃部達吉

みのべたつきち

東京帝国大学教授。憲法学者

1873年5月7日兵庫県高砂市生まれ。

1912年天皇は国家の最高機関であるとするドイツイェリネックが主唱した国家法人説に基づく天皇機関説を発表。

1932年、貴族院議員となる。

1935年貴族院本会議において、菊池武夫議員により天皇機関説非難の演説が行われ、軍部右翼による機関説・美濃部排撃が激化し、著書は発禁処分となり、不敬罪の疑いで検事局の取調べを受け、貴族院議員を辞職する。

東京都知事となった美濃部亮吉は長男。