スマートフォン用の表示で見る

彦狭知命

一般

彦狭知命

ひこさしりのみこと

日本の神話に登場する神。天照大神が天の岩屋に隠れてしまわれた時、手置帆負命と共に天御量をもって木を伐り、瑞殿という御殿を造営したと伝えられている。この伝承により、工匠(工作を職とする人)の守護神とされ、木造建築の上棟式(棟上げ)などにおいて手置帆負命とともに祭神とされている。