彦坂諦

若若茖

2篁

社会

彦坂諦

ひこさかたい

評論家、翻訳家1933年2月15日仙台市生まれ。父は新潟大学名誉教授・彦坂忠義。1945年旅順工科大学勤務の父について渡り、三ヶ月後敗戦。翌年帰国1957年東北大学文学部国史学科卒、1967年早稲田大学大学院ロシア文学科博士課程満期退学。木材検収員、通訳、非常勤講師など終始臨時雇いの身分で働いてきた。妻は作家の白井愛。

編著書

  • 『ひとはどのようにして兵となるのか ある無能兵士の軌跡第1部』罌粟書房 1984.2.亜人間の文学
  • 『餓島1984-1942 ある無能兵士の軌跡第2部(ガダルカナル篇)別巻』罌粟書房 1987.5.亜人間の文学
  • 『兵はどのようにして殺されるのか ある無能兵士の軌跡第2部(ガダルカナル篇)』罌粟書房 1987.5.亜人間の文学
  • 『男性神話径書房 1991.5
  • 『餓死の研究 ガダルカナルで兵はいかにして死んだか』立風書房 1992.12
  • 『総年表ある無能兵士の軌跡 ある無能兵士の軌跡最終巻』編著 柘植書房 1995.12
  • 『ひとはどのようにして生きのびるのか ある無能兵士の軌跡第3部(フィリピン篇)』柘植書房 1995.7
  • 『教科書に書かれなかった戦争 pt.41 無能だって?それがどうした?! 能力の名による差別の社会を生きるあなたに』梨の木舎 2002.11
  • 『教科書に書かれなかった戦争 pt.38 女と男のびやかに歩きだすために アジアの片-『隅日本から、このいまを問いなおす』梨の木舎 2002
  • 『九条の根っこ なぜ?と問うことからはじめよう』れんが書房新社 2006.12
  • 『いま、なぜ9条の根っこを問うのか』第9条の会・オーバー東京 2007.12.あーてぃくる9ブックレット
  • 文学をとおして戦争と人間を考える』れんが書房新社 2014.10

翻訳

  • ユーリエフ『四つ足になった金融王』ソビエトS・F選集. 第2.大光社 1967
  • ストルガーツキイ兄弟『ラドガ壊滅』ソビエトS・F選集. 大光社 1967
  • メシテルハージ『国境から数歩のところで』新日本出版社 1972.世界の革命文学

社会

彦坂諦

ひこさかたい

評論家、翻訳家1933年2月15日仙台市生まれ。父は新潟大学名誉教授・彦坂忠義。1945年旅順工科大学勤務の父について渡り、三ヶ月後敗戦。翌年帰国1957年東北大学文学部国史学科卒、1967年早稲田大学大学院ロシア文学科博士課程満期退学。木材検収員、通訳、非常勤講師など終始臨時雇いの身分で働いてきた。妻は作家の白井愛。

編著書

  • 『ひとはどのようにして兵となるのか ある無能兵士の軌跡第1部』罌粟書房 1984.2.亜人間の文学
  • 『餓島1984-1942 ある無能兵士の軌跡第2部(ガダルカナル篇)別巻』罌粟書房 1987.5.亜人間の文学
  • 『兵はどのようにして殺されるのか ある無能兵士の軌跡第2部(ガダルカナル篇)』罌粟書房 1987.5.亜人間の文学
  • 『男性神話径書房 1991.5
  • 『餓死の研究 ガダルカナルで兵はいかにして死んだか』立風書房 1992.12
  • 『総年表ある無能兵士の軌跡 ある無能兵士の軌跡最終巻』編著 柘植書房 1995.12
  • 『ひとはどのようにして生きのびるのか ある無能兵士の軌跡第3部(フィリピン篇)』柘植書房 1995.7
  • 『教科書に書かれなかった戦争 pt.41 無能だって?それがどうした?! 能力の名による差別の社会を生きるあなたに』梨の木舎 2002.11
  • 『教科書に書かれなかった戦争 pt.38 女と男のびやかに歩きだすために アジアの片-『隅日本から、このいまを問いなおす』梨の木舎 2002
  • 『九条の根っこ なぜ?と問うことからはじめよう』れんが書房新社 2006.12
  • 『いま、なぜ9条の根っこを問うのか』第9条の会・オーバー東京 2007.12.あーてぃくる9ブックレット
  • 文学をとおして戦争と人間を考える』れんが書房新社 2014.10

翻訳

  • ユーリエフ『四つ足になった金融王』ソビエトS・F選集. 第2.大光社 1967
  • ストルガーツキイ兄弟『ラドガ壊滅』ソビエトS・F選集. 大光社 1967
  • メシテルハージ『国境から数歩のところで』新日本出版社 1972.世界の革命文学