必殺まっしぐら!

テレビ

必殺まっしぐら!

ひっさつまっしぐら

必殺仕事人V激闘編 → 必殺まっしぐら! → 必殺仕事人V旋風編?

人気時代劇「必殺シリーズ」第26弾。後期必殺シリーズの人気キャラクター、秀を主役にした作品である。

1986年(昭和61年)8月8日より10月31日まで全12回にわたって放送された。

当初は「必殺仕事人アクション編」というコンセプトから企画され、必殺シリーズの中でも派手なアクションを全面に押し出す形を目指し、映画『必殺!III 裏か表か』で必殺に復帰した飾り職の秀が主役となった。また、放送前より人気のあったファミコンゲーム「スーパーマリオブラザーズ」を材に、秀のキャラクターを一新。「スーパーマリオ」におけるマリオが目指す相手、ピーチ姫にあたる存在として、秀の恋人である遊女見習い・若紫が登場。彼女を身請けするための多額の依頼料を貯めるべく裏稼業を続けるというのが、この作品の大前提である。ちなみに、クッパに相当するラスボスの武器はハンマー(玄能)。

また「新必殺仕舞人」以来久々の旅モノのエッセンスを加えており、例え標的が長崎だろうが、徳島だろうが、秀は若紫を身請けするため、仕事を遂行するべく向かうのである。その途中、敵対する仕事人組織に命を狙われる演出が挿入されており、より一層の緊迫感を持たせている。

今回、秀は一匹狼ではなく、一人の元締の下で仕事を請け負う形を取っている。このことから、従来の仕事人シリーズとは差別化される、大きな要因となった。秀が仕事をする背景には、秀が所属する神楽坂宗右衛門一派と、敵対する向島仁十郎一派による江戸の闇組織の抗争があり、秀もその抗争に巻き込まれていく。

滝沢馬琴の日記を解説に加えるなど、娯楽面にも一工夫を加えている。

また毎回、歴史上の人物が何らかの形で登場するのも、見所の一つである。