必殺仕舞人

テレビ

必殺仕舞人

ひっさつしまいにん

必殺仕事人 → 必殺仕舞人 → 新必殺仕事人

人気時代劇「必殺シリーズ」第16弾。『新必殺からくり人東海道五十三次殺し旅』以来続く、非主水シリーズの定番となっていた旅モノの復活である。

1981年(昭和56年)2月6日より5月1日まで全13回にわたって放送された。

前作『必殺仕事人』が全84回の長丁場であったことに加え、必殺人気をお茶の間に復興させたことから、製作スタッフが本作品に寄せる意欲は並々ではなかった。そのためか、第1話は野上龍雄工藤栄一コンビによる手堅い設定作りがなされており、その後は吉田剛石森史郎らが設定を受け継ぎ作品を仕上げている。

本作品の特徴として、ストーリー全般に「女の恨み晴らし」が縦糸として設けられている。駆け込み寺の総本山である鎌倉・本然寺の依頼を受けた仕舞人・坂東京山一行は、全国各地にある駆け込み寺の尼僧とコンタクトを取り、弱い立場である女性たちの恨みを晴らすために行動するのである。

尚、坂東京山は先の必殺仕事人スペシャル『特別編 必殺仕事人「恐怖の大仕事」水戸尾張紀伊』でゲスト出演しており、藤田まこと扮する中村主水とも共演している。

企画段階のタイトルは「必殺くれない人」「京山殺し旅」。

第1話には『斬り抜ける』の楢井俊平と、『必殺仕業人』の赤井剣之介こと真野森之助の手配書が一瞬だが登場しているなど、遊び心を窺わせる。

本作品で作られた劇判は、後の非主水シリーズやテレビ東京系時代劇『付き馬屋おえん事件帳』を中心に大量に流用されている。