必死系

アイドル

必死系

ひっしけい

オタク用語。主にアイドルファンが使う言葉。

狭義の意味

人気の無いアーティストには無縁のものだが、そのアーティストに火がつくと、今までのキャパシティーを超えた人々が集まり始める。そうなるとオープンイベントで少しでも良い場所を確保しようと徹夜したり、握手めあてに何枚もCDを購入したりするようになる。このように必死な人々を「必死系」と呼ぶ。中には本人よりも、限定生写真サイン本などのプレミアグッズにしか興味をもたないファンもいる。そして、人気がなくなったり、次のターゲットが発生すると自然と去っていく。いわゆる昔ながらのファンではない。

また、その必死系を頼りに心理的に仕掛けてくる事務所も多い。

広義の意味

ただ単に熱狂的なファンのことを指す場合も多い。

一般人がテレビで目撃できる具体例

韓流アーティストの来日時に空港に群がる女性ファンの修羅場の様な光景。

一般的な応用

青山・表参道あたりに海外ブランドの専門店がオープンしたとする。

そのお目当てはオープン記念の限定商品であるが、いわゆる昔ながらのお得意さんたちは、そんなものに興味がない(あるいは別ルートで入手できる)。がその一方で何日も前から徹夜して並ぶひとたちもいる。それがすなわち「必死系」と言える。

ある意味ブームを支える重要な客層とも言える。