スマートフォン用の表示で見る

百円銀貨幣

一般

百円銀貨幣

ひゃくえんぎんかへい

百円銀貨幣は、造幣局でかつて製造されていた額面100円の貨幣

1957〜1958年に製造発行された鳳凰の図柄のものと、1959〜1966年に製造発行された稲穂の図柄のものの2種類があるが、いずれも現在も通用力を有している。

1967年に現在も発行されている百円白銅貨幣に製造発行が切り替えられたが、この背景には、当時の発行予定に対して、日本が保有していた銀の絶対量が不足していたこと、当時世界的に銀需要が増大していたこと、アメリカ1965年から50セント硬貨の銀量を引き下げたり、25セント硬貨や10セント硬貨を白銅張り銅に切り替えたりと、世界的に銀貨離れが進んでいたことなどがある。

百円銀貨幣(鳳凰)

仕様

素材
品位
銀60%、銅30%、亜鉛10%
量目
4.80g
直径
22.6mm
発行年
1957年
図柄
<表>鳳凰 <裏>日章、桜花
縁刻
ギザあり

百円銀貨幣(稲穂)

仕様

素材
品位
銀60%、銅30%、亜鉛10%
量目
4.80g
直径
22.6mm
発行年
1959年
図柄
<表>稲穂 <裏>分銅、100
縁刻
ギザあり