スマートフォン用の表示で見る

百花斉放百家争鳴

社会

百花斉放百家争鳴

ひゃっかせいほうひゃっかそうめい

1956年から1957年中華人民共和国で行われた政治運動。「中国共産党に対する批判を歓迎する」という主旨の内容であり、これを受けて国民は様々な意見を発表したものの、この方針は間もなく撤回され、共産党を批判した者はその後の反右派闘争で激しく弾圧された