百官名

社会

百官名

ひゃっかんな

主に日本の武士が称した官職風の人名のこと。氏や名字の次、諱の前に入れて名乗る。正式な官名とは若干異なる読みをするものもある。戦国時代から江戸時代末期まで風習が続いた。