スマートフォン用の表示で見る

百人一首

読書

百人一首

ひゃくにんいっしゅ

代表的歌人百人の歌一首ずつを集めたもの。藤原定家小倉山の別荘で撰したと伝える「小倉百人一首」が最も有名で、これを模倣して種々のものが作られた。カルタとして正月の遊びになったのは江戸時代以降。百人首。

なお1首目は「春過ぎて 夏来にけらし 白妙の 衣ほすてふ 天の香具山」(持統天皇

・・・・・・三省堂大辞林」より引用