百日咳

サイエンス

百日咳

ひゃくにちぜき

激しい咳の発作を伴う急性気道感染症。咳やくしゃみなどによる「百日咳菌」という細菌飛沫感染によって起こる。従来は子供の病気として有名であるが、近年では成人(20歳以上)の感染者も増えている。ワクチン接種を行っていない人、ワクチン接種後の時間の経過で免疫が減衰した人に発病が見られる。