スマートフォン用の表示で見る

表現主義

アート

表現主義

ひょうげんしゅぎ

狭義には20世紀初頭の「ブリュッケ?」や「青騎士」といった、「ドイツ表現主義」を指す。

広義には表現する対象の正確な再現よりも表現の力強さのほうを優先する芸術思想のこと。

ここで言う「力強さ」とは、観る者にあたえる感情喚起力を指す。代表的な画家としてカンディンスキー

エゴン・シーレエミール・ノルデなど。なお、ドイツの画家ではないがムンクもこの類型に入れること

がある。