スマートフォン用の表示で見る

苗字帯刀

一般

苗字帯刀

みょうじたいとう

江戸時代、武士にのみ許された特権。

…であるが、「苗字」は名主(関西で言う庄屋)などにも許されていた。もとより、「苗字」は公に苗字を名乗るという意味であって、農工商の身分でも苗字は、ある家にはあった。明治維新後に、苗字を「復活」させたケースも多い。また、「帯刀」は長さに関する規制。短いものなら、農工商の身分でも持てた。