浜松ホトニクス

一般

浜松ホトニクス

はままつほとにくす

光電子増倍管、分析用光源、レーザー、フォトダイオードを開発・製造するメーカーで、光関連で非常に高い技術力を持っている。光電子増倍管の製造で世界トップシェア。

浜松に存在するメーカーの中心的存在。

東証一部上場証券コード:6965

2002年にノーベル物理学賞を受賞した小柴教授が研究したテーマはニュートリノの観測であったが、この際に利用された巨大光電子増倍管浜松ホトニクス製であった。