浜田晋

サイエンス

浜田晋

はまだすすむ

精神科医

1926年(大正15年)10月23日、生まれ。2010年(平成22年)12月20日、死去。84歳だった。

高知市出身。

旧制高知高校(1年3か月間は新居浜住友金属工業に学徒勤務動員)卒業。

昭和20年4月、東北大学金属工学科入学。

昭和21年4月、東北大学医学部に入学。昭和25年3月卒業。

昭和31年東北大学医学部大学院(細菌学)修了。

昭和34年から43年まで都立松沢病院に勤務。中でも「分裂病者と遊び、とくに球遊びについて(昭和42年)」は分裂病者の行動学的研究として学会の注目を浴びる。その業績が認められ、昭和42年4月から東京大学精神神経科講師に招かれる。

荒川区峡田診療所・都立精神衛生センター・数か所の保健所勤めを経て、昭和49年地域精神神経科診療所を上野の地に開業、以来32年を経過する。

街中にある精神科診療所の必要性を論じ(「町の精神科医」)、今日都市部を中心とした精神科診療所の発展の祖となる。平成4年、地域医療への貢献を評価され、第1回若月賞を受賞。

2007年(平成19年)、クリニックを後進に引き継ぎ、引退。

主な著書

老いを生きる意味―精神科の診療室から (岩波現代文庫)

老いを生きる意味―精神科の診療室から (岩波現代文庫)

心をたがやす (岩波現代文庫)

心をたがやす (岩波現代文庫)

老いるについて――下町精神科医 晩年の記

老いるについて――下町精神科医 晩年の記

街角の精神医療 最終章

街角の精神医療 最終章

など