浜田卓二郎

一般

浜田卓二郎

はまだたくじろう

日本の政治家弁護士。元国会議員。元大蔵省官僚。妻はエッセイストで実業家の浜田マキ子。1941年10月5日生まれ。鹿児島県出身。東京大学法学部卒業。

1979年衆議院選挙で旧埼玉1区から衆議院選挙自由民主党公認で出馬。この時は次点で落選するものの、翌1980年衆議院選挙初当選宏池会に所属して1990年まで4期連続で当選し、財政や金融の分野で活躍した。1993年衆議院議員選挙で落選して自民党を離党した。1996年10月小選挙区制に変更された総選挙新進党公認で出馬するが落選。1998年7月の参議院選挙埼玉選挙区から旧新進党の流れを汲む各党の推薦を得て出馬し当選し、公明党改革クラブ統一会派を組んだ。1999年12月に改革クラブに入党したが半年後に解党。2003年8月の埼玉県知事選出馬したが落選した。2004年の参議院選挙には自民党公認比例区から出馬したが惨敗して政界を離れた。2004年の弁護士法改正により、司法試験合格者は司法修習未修了でも国会議員在職5年以上で100時間の研修経て弁護士登録可能となり、その制度の第1号活用者となり、弁護士となった。