不安障害

サイエンス

不安障害

ふあんしょうがい

「不安な状態」が継続する病気のこと。不安病ともいう。

「不安」による症状が激しくなり、自己が対処できない時に発生する感情の一種。

日常生活に支障を来すような状態をまとめて不安障害と呼ぶ。

症状(不安によって)

  • 頭痛
  • 下痢
  • 手足が震える
  • 心臓がドキドキする(動悸、胸痛)
  • 冷や汗をかく(発汗)
  • 目の周りが軽い痙攣をおこす