スマートフォン用の表示で見る

不快指数

一般

不快指数

ふかいしすう

蒸し暑さを表わす指数。1959年からアメリカの天気予報で採用された。アメリカでは温湿指数(temperature-humidity index)と呼んでいる。

作られたときには暖房や冷房に必要な電力を予測するという目的があったが、現在の日本では1日の消費電力の予測に対して利用されておらず、気象庁統計種目にもなっていない。

不快指数の計算式

  • 不快指数=0.81t+0.01h(0.99t-14.3)+46.3
    t=気温(℃)、h=湿度(%)
  • 不快指数=0.72(t+tw)+40.6
    t=乾球温度(℃)、tw=湿球温度(℃)

70以上で一部の人が、75以上で半数が、80〜85でほぼすべての人が不快を感じ、86を超えるとガマンができなくなるという。