風来のシレン4 からのリダイレクト リダイレクト元を編集閉じる

ゲーム

不思議のダンジョン 風来のシレン4 神の眼と悪魔のヘソ

ふしぎのだんじょんふうらいのしれんふぉーかみのひとみとあくまのへ

チュンソフトより2010年2月25日に発売されたニンテンドーDSダンジョンRPGローグライクゲーム)。

風来のシレンシリーズのナンバリング第4作目。

時系列としては『不思議のダンジョン 風来のシレンGB 月影村の怪物』と『不思議のダンジョン 風来のシレンGB2 砂漠の魔城/不思議のダンジョン 風来のシレンDS2 砂漠の魔城』との間に位置する物語が描かれる。

2012年10月18日には、プレイステーション・ポータブル版『不思議のダンジョン 風来のシレン4 plus 神の眼と悪魔のヘソ』がスパイク・チュンソフトより発売された。

概要

主人公のシレンは相棒のコッパとともに、船旅の最中、嵐に巻き込まれて南の島のカヒタン島に辿り着く。そこで出会った島民たちに、シレンは魔物と間違えられ、火あぶりにされそうになるが、けなげな村娘カミナに助けられる。しかし、カミナは魔物に荷担した人間として、閉じ込められることになってしまった。カミナを閉じ込めた神官は、「“ジャガーの眼”と呼ばれる伝説の秘宝を持ってこなければ、カミナの命はない」という。カミナを救うため、シレンは秘宝を求めて不思議のダンジョンに挑むことになる。

新要素として、本作のダンジョンには昼と夜の概念があり、一定のターンで昼と夜が入れ替わる。夜のダンジョンでは明かりを灯すアイテムが必要になり、昼と異なるモンスターが出現する。夜のモンスターには、通常の攻撃でまともなダメージが通らないため、強力な技や道具を駆使して立ち向かうことになる。

武器と盾には成長度というステータスが存在し、敵を倒すことで武具が成長し、名前や強さが変化する。他にも、通常より強いオーラ付きのモンスターが登場したり、武器・盾にタグを付けておくことでダンジョン内で倒れても見張り番の元に届けられている、といった様々な新要素が追加されている。

本作もワイヤレス通信、Wi-Fi通信、パスワードでの風来救助システムに対応。


PSP版には、3つの追加ダンジョンTwitter連携といった新要素がある。

関連商品

不思議のダンジョン 風来のシレン4 神の眼と悪魔のヘソ

不思議のダンジョン 風来のシレン4 神の眼と悪魔のヘソ