スマートフォン用の表示で見る

不貞の女

映画

不貞の女

ふていのおんな

 原題『La Femme infidele』。

 1969年製作のフランス映画

 監督はクロード・シャブロル

 主演はステファーヌ・オードランミシェル・ブーケモリス・ロネ

 シャブロルの最高作の1本といわれる。

 保険会社重役シャルル(ミシェル・ブーケ)は妻エレーヌ(ステファーヌ・オードラン)や息子ミシェルと平穏に暮している。

 だが彼は妻の不貞に気づく。相手は作家ヴィクトール・ペガラ(モリス・ロネ)だ。

 シャルルはペガラの家を訪ね、衝動的に彼を殺してしまう。

D