スマートフォン用の表示で見る

不二家

不二家

ふじや

株式会社不二家

菓子・食品・アイスなどの製造販売、洋菓子チェーン店などの経営などを行っている。

創業は明治43年(1910年)、日本で初めてシュークリーム、天然ソーダ水を発売した会社であり、日本でクリスマスにケーキを食べる習慣は、不二家クリスマスケーキ(欧米には存在しない)によって定着した。

社名は創業者の「藤井」「富士」に、「世の中に二つとないもの」の意味をこめている。

なお同社のキャラクター「ペコちゃん」は、同社の「ミルキー」発売時に作られた。デザインのアイデアは子役のシャーリー・テンプルで、それ以前にも彼女をイメージした商品はあった。


  • 2007年

消費期限切れの牛乳を使ってシュークリームを作っていたこと、他にも賞味期限切れの材料で製造が行なわれていたことが社内調査で判明したことを公表し、全国すべての洋菓子関連の工場を閉鎖して製品の製造販売を一時中止。

■一連の流れ

2007年1月11日

・昨年11月8日に消費期限切れ牛乳を使用したシュークリーム2000個を出荷していたことなどが判明したと発表した。

埼玉工場内でねずみが捕獲されたことも確認されており、2004年には1カ月で50匹が捕獲されたこともあるということも発表した。 

・同日の会見で発表された内部資料には「消費期限切れ原料の使用がマスコミに発覚すれば、雪印乳業の二の舞となることは避けられない」と書かれていた。

同年1月13日

・2〜3年前にも同工場が消費期限の切れた卵を使ったシュークリームを出荷していたことが分かった。

同年1月15日

不二家の藤井林太郎社長(64)は15日、東京銀座の本社で会見し、消費期限の切れた牛乳を使用してシュークリームを製造・出荷していた問題などの責任を取って辞任する考えを表明した。

不二家ではプリン消費期限を社内基準より1日長く表示していたことを公表しているが、シュークリームでも発覚。これら消費期限の1日超過は製造課長、生産管理課長、工場長ら関係者全員が容認していたことも明らかになった。

同年1月17日

不二家消費期限切れの原材料を生の洋菓子に使用していた問題に関連して、同社は同日、洋菓子以外のチョコレートなど菓子類や飲料について「安全であり、安心して食べられる」との見解を発表した。

北海道日本テレビ系列札幌テレビで放送されている「どさんこワイド180」内のインタビューで「店でも賞味期限が切れた原料の使用は日常的だった」と、道内の販売店に勤めていた女性が取材に答え、ずさんな衛生管理の実態を暴露した。

神奈川県は17日、統計功労者として20日に知事表彰する予定だった不二家湘南工場秦野製造部と同平塚製造部が辞退を申し出たと発表した。

消費期限切れの牛乳などを使った洋菓子を製造・出荷していた不二家は、製造するほぼすべての商品について減産に踏み切ったことを明らかにした。スーパーやコンビニなどで製品の販売中止が相次いでいるためで、対象はチョコレートやクッキーなどの「菓子」や、果汁飲料「ネクター」、炭酸飲料「レモンスカッシュ」などの飲料も含まれる。

・大手洋菓子メーカー「不二家」でずさんな品質管理が明らかになった問題で、1月に入っても期限切れの生クリームを使用していたことが新たにわかった。さらに「落ちて3秒以内に元に戻せばOK」という驚がくの実態も、内部証言から明らかになった。

・「ペコちゃんのホッペ」で過去に食中毒があった事を発表。不二家によると、食中毒の原因となった商品は大阪府泉佐野工場で製造し、関西、中部、中国地区で販売した。商品を食べた9人が95年6月23日から同28日にかけて相次いで嘔吐(おうと)や、下痢、腹痛を訴えたという。

同年1月18日

大阪府泉佐野保健所が18日、不二家泉佐野工場に立ち入り調査した結果、同工場で製造したプリンを期限表示のない状態で同埼玉工場に出荷していたことなどが分かった。

同年1月19日

・販売店で消費期限を除光液で消していたのを当時アルバイトしていた店員が暴露する。

不二家の富士裾野工場で作られた「ペコパイ」にユスリカという虫が入っていたと発表。2005年5月から12月までの間に3件の苦情があったもの。当時、保健所には未報告であったと発表。

札幌工場の細菌数は無制限であった札幌保健所から指摘されたと発表。

・2006年9月に北海道旭川市で販売されたチョコレート菓子「B」に蛾と、その幼虫が混入していた問題が発覚。

同年1月24日

・「アンパンマンチョコ」に蛾の成虫がついていた事案が報道される。2歳児が見つけて母に報告。母は、苦情担当者から、「この蛾は人が食べても問題はない」と回答を得たということ。主婦は不二家に対して「子供の口に入るものなので、商品を回収して、マスコミにも公表して下さい」と訴えたが、不二家側は「社内基準に達しない」という理由で「回収も発表もしない」と文書で回答しまいた。

主な製品

など