不発弾

一般

不発弾

ふはつだん
  1. 投下したが爆発しなかった爆弾。日本においては主に太平洋戦争中にアメリカ軍が投下した爆弾と旧日本軍遺留品不発弾が発見された場合、陸上自衛隊の爆弾処理班によって信管を抜く作業が行われ、作業時間中は周囲一定距離の住民に非難命令が出される。
  2. 不発に終わる企画等を揶揄して使われる。