富永有隣

社会

富永有隣

とみながゆうりん

日本の幕末期の長州藩士。儒学者。諱は徳で後に悳彦。

明治維新後の開国政策への不満から、大楽源太郎とともに脱隊騒動を起こして敗北。逃亡の後、逮捕された。釈放後は塾を開いて後進の指導にあたった。