スマートフォン用の表示で見る

富岡鉄斎

アート

富岡鉄斎

とみおかてっさい

文人画家。

天保7年12月19日(1836年1月25日)ー 1924年12月31日。

京都三条通の法衣商十一屋の主人・富岡維叙の次男に生まれる。

幼名は知られておらず、若い頃は猷輔(ゆうすけ)と称し、その後は「百錬」「鉄崖」「鉄斎」など多くの雅号を用いた。

幼少の頃、大田垣蓮月に預けられ、国学を大国隆正に学び、また儒学・詩文・仏典を修め、維新後、石上神宮大鳥神社宮司となる。

大和絵から南画に進み、高逸な画風で新生面をひらいた。

生涯万巻の書を読み、1万点もの書画を残した。