富山県立近代美術館

アート

富山県立近代美術館

とやまけんりつきんだいびじゅつか

シュルレアリスト瀧口修造が構想に加わった近代美術館。開館当初はその前衛的な内容から、朝日新聞百目鬼恭三郎にからかわれたりもしたが、保守的風土富山県民の世論に揺れながらも、特徴のある企画展を展開。

昭和天皇コラージュした作品の処遇に関する事件が有名。


リスト::美術館