富士S からのリダイレクト リダイレクト元を編集閉じる

スマートフォン用の表示で見る

スポーツ

富士ステークス

ふじすてーくす

日本中央競馬会JRA)が東京競馬場 の芝1600mで10月下旬に施行する中央競馬重賞GIII)競走。

出走条件はサラブレッド系3歳以上(国際)(指定)、負担重量はグレード別定。

1着賞金は3800万円(2012年)。


ジャパンカップ海外招待馬*1の為に設定されたオープン競走として1981年に設定され、1984年に現在も続く富士ステークスの名称が冠された。しかしながら1992年以降ジャパンカップ招待馬の出走は無かった。1998年から重賞に格上げされ、2000年から施行時期を移行し、マイルチャンピオンシップのステップレースとなった。3頭までの地方招待馬出走枠があり、2位以内の入着馬にマイルCSへの出走資格が与えられる。

2007年から2014年まではサウジアラビアリヤド馬事クラブから優勝杯が寄贈されていたため、正式名称は「サウジアラビアロイヤルカップ富士ステークス」となっていた。

2015年より、旧いちょうステークスが「サウジアラビアロイヤルカップ」に改称するため、本競走の正式名称は「富士ステークス」となる。


歴代優勝馬一覧

回数年月日距離優勝馬性齢騎手
第1回1998年11月28日東京 芝1400エアジハード牡3橋本広喜
第2回1999年11月27日東京 芝1400レッドチリペッパー牝3横山典弘
第3回2000年10月21日東京 芝1600ダイワカーリアン牡7田面木博公
第4回2001年10月20日東京 芝1600クリスザブレイヴ牡7吉田豊
第5回2002年10月19日中山 芝1600メイショウラムセス牡4柴田善臣
第6回2003年10月25日東京 芝1600ミレニアムバイオ牡5武豊
第7回2004年10月23日東京 芝1600アドマイヤマックス牡5武豊
第8回2005年10月22日東京 芝1600ウインラディウス牡7田中勝春
第9回2006年10月21日東京 芝1600キネティクス牡7勝浦正樹
第10回2007年10月20日東京 芝1600マイネルシーガル牡3後藤浩輝
第11回2008年10月25日東京 芝1600サイレントプライド牡5横山典弘
第12回2009年10月24日東京 芝1600アブソリュート牡5田中勝春
第13回2010年10月23日東京 芝1600ダノンヨーヨー牡4北村友一
第14回2011年10月22日東京 芝1600エイシンアポロン牡4田辺裕信
第15回2012年10月20日東京 芝1600クラレント牡3岩田康誠
第16回2013年10月19日東京 芝1600ダノンシャーク牡5内田博幸
第17回2014年10月25日東京 芝1600ステファノス牡3戸崎圭太

*11987年から地方調教馬も含む。