スマートフォン用の表示で見る

富士川の戦い

一般

富士川の戦い

ふじがわのたたかい

治承4年(1180年)、平維盛総大将として派遣された頼朝追討軍と、それを迎え撃つ源頼朝および甲斐源氏連合軍の戦い。

10月20日、富士川を挟んで両軍対陣。夜半、武田信義が後背に回り込もうとしたところ、水鳥が一斉に飛び立ち、その羽音に驚いた平家方は戦うことなく都へと退却した。


翌日、頼朝は追撃しようとしたが、坂東の足固めをすべきとの進言を受け入れ、黄瀬川宿に帰陣。そしてこの地で奥州より駆けつけた弟源義経と対面している。