富士門流

一般

富士門流

ふじもんりゅう

日蓮系の宗派の1つで、日蓮の6人の高弟の六老僧の1人である日興の法脈を継承する諸本山とその末寺に対する総称の1つ。日興門流とか大石寺派などとも呼ばれている。明治時代に単一の宗派を形成したこともあったが、その後は分裂や日蓮宗との合同などを経て、富士門流の主要本山8ヶ寺のうち、日蓮宗内部の興統法縁会に属するもの3ケ寺、日蓮正宗に属するもの2ケ寺、日蓮本宗に属するもの1ケ寺、本山単独で単立の宗教法人となっているもの2ケ寺などに分かれている。

教義は勝劣派で日蓮を「久遠の本仏」としている。