スマートフォン用の表示で見る

富木常忍

社会

富木常忍

ときじょうにん

日本の鎌倉時代下総国の豪族。日蓮宗の僧。号は常修院。法名は日常。

鎌倉日蓮と出会い信者となった。日蓮の死後、出家して自宅に法華寺(中山法華経寺)を創建し、中山門流の祖とされる人物である。