富良野断層帯

サイエンス

富良野断層帯

ふらのだんそうたい

富良野断層帯は、北海道富良野盆地の西縁及び東縁に位置する活断層帯。主要活断層帯に指定されている。

富良野盆地の西縁と芦別山地の境界付近に位置する富良野断層帯西部と、富良野盆地の東縁とその東側の丘陵の境界付近に位置する富良野断層帯東部からなる。

富良野断層帯西部は、北海道空知郡上富良野町から同郡中富良野町を経て、富良野市に至る長さ約27kmの断層帯で北北東-南南西方向に延びており、断層の西側が相対的に隆起する逆断層と推定される。

富良野断層帯東部は、中富良野町から富良野市を経て、空知郡南富良野町に至る長さ約25kmの断層帯。北北東-南南西方向に延びており、断層の東側が相対的に隆起する逆断層と推定される。

過去の活動

富良野断層帯西部の平均的な上下方向のずれの速度は0.5m/千年程度で、最新活動時期は2世紀以後、1739年以前であった可能性がある。また、既往の調査研究成果による直接的なデータではないが、経験則から求めた1回のずれの量と平均的なずれの速度に基づくと、平均活動間隔は4千年程度の可能性がある。

富良野断層帯東部の平均的な上下方向のずれの速度は0.2-0.4m/千年程度の可能性があり、最新活動時期は、約4千3百年前以後、約2千4百年前以前と推定される。また、平均活動間隔は9千-2万2千年程度の可能性がある。

将来の活動

富良野断層帯西部は、全体が1つの区間として活動する場合、マグニチュード7.2程度の地震が発生する可能性がある。また、その際には、断層近傍の地表面では西側が東側に対して相対的に2m程度高まる段差や撓みが生じる可能性がある。

富良野断層帯東部は、全体が1つの区間として活動する場合、マグニチュード7.2程度の地震が発生する可能性がある。また、その際には、断層近傍の地表面では東側が西側に対して相対的に2-3m程度高まる段差や撓みが生じる可能性がある。