富嶽三十六景

アート

富嶽三十六景

ふがくさんじゅうろっけい

葛飾北斎が手掛けた浮世絵

天保年間に発表したこの作品は、36枚の「表富士」と10枚の「裏富士」で構成。

代表的なのは荒れ狂う波濤の「神奈川沖浪裏」といわし雲たなびく快晴の赤富士の「凱風快晴」が有名。