扶桑略記

読書

扶桑略記

ふそうりゃくき

日本の平安時代に書かれた私撰歴史書比叡山功徳院の僧である皇円が編纂したとされている。全30巻から成る歴史書だが、今日大半が現存していない。