武経七書

一般

武経七書

ぶけいしちしょ

武経七書は、兵法を扱った中国の代表的古典であり、その名の通り七つある。11世紀の宋の時代に軍事学必読書としてこの呼び名ができたとされる。