武芸

一般

武芸

ぶげい

日本の古代から中世近世初期までにおいて、軍の兵卒や武官、武士が当時の戦場で戦うために訓練した技芸。

武芸十八般を参照