スマートフォン用の表示で見る

武芸十八般

一般

武芸十八般

ぶげいじゅうはっぱん

日本の江戸時代にあった武士が修得すべきとされた18種類の武技の総称。18の武技の内容は時代や集団により異なっているため一概には言えないが、馬術水術泳法術)、薙刀術槍術剣術小具足棒術杖術鎖鎌術分銅鎖手裏剣含針術十手術)、鉄扇術鉄鞭術居合術抜刀術柔術和術)、捕手術もじり術砲術などがあった。