スマートフォン用の表示で見る

武功夜話

読書

武功夜話

ぶこうやわ

1959年伊勢湾台風の際、愛知県江南市の旧家の土蔵が崩れ、発見された安土・桃山時代の前野一族の覚書・聞き書きを編纂した文書。

最初は『前野文書』といっていたが、各メディアに華々しく取り上げられ、『武功夜話』と呼ばれるように至った。

但し、偽書として全く顧みない研究者も多い。