武幸四郎

スポーツ

武幸四郎

たけこうしろう

JRA騎手。同じく騎手の、武豊の実弟。父は元騎手調教師の、武邦彦

1978年生まれ。同期に、秋山真一郎勝浦正樹など。

1997年、デビュー二日目にしてマイラーズCオースミタイクーンに騎乗し、初勝利。初勝利が初重賞制覇という派手なデビューを飾り、また、その年のJRA賞最多勝利新人騎手)を獲得。期待される若手の一人だが、何となく“一発あける”イメージが強い。しかし最近は一皮剥けてきた感もあり。

2000年の秋華賞ティコティコタックで初G1獲得。

騎手としてはかなり長身の、身長173cm。

また、騎手界における合コンの帝王として名を馳せる。