武市瑞山

一般

武市瑞山

たけちずいざん

幕末土佐藩の人。(1829-1865)


土佐勤王党の盟主として、家老吉田東洋の暗殺を指示した後、藩の実権を掌握。

その後、京都において調停工作・佐幕派の暗殺指示の奔走する。


しかし、公武合体派の勢力が盛り返すにつれ、

土佐藩でも公武合体派の前藩主山内容堂によって勤王党は弾圧され、瑞山自身も投獄される。


1年半に及ぶ獄中生活の中、彼自身は拷問を受けることは無かったが、

部下の自白により彼の罪状が確定、切腹を命じられる。



非常な美男子であると同時に、愛妻家であったと語られている。