武松

読書

武松

ぶしょう

中国の小説の「水滸伝」と「金瓶梅」の登場人物。大きな薬種問屋の主人である西門慶が、絶世の美女である潘金蓮を我がものにしたいがため、彼女の夫で武松の兄である武植(武大)を毒殺され、武松が都督となって帰郷し、西門慶や潘金蓮を惨殺してその敵を取った人物である。「金瓶梅」では主役として描かれ、「水滸伝」では武松のエピソードをさらに詳しく述べた形になっている。