武上四郎

スポーツ

武上四郎

たけがみしろう

プロ野球サンケイアトムズヤクルトスワローズの選手・監督。

通称「ケンカ四郎」。

右投右打、ポジションは二塁手背番号は2番。

宮崎大宮高から中央大学、河合楽器を経て、1966年、第1次ドラフト8位でサンケイアトムズに入団。

1年目に.299の高打率を残し新人王を獲得。

二塁手として現役9年間で977試合に出場し、71本塁打、301打点、打率2割6分6厘。


1975年現役引退

1980年ヤクルトスワローズの監督に就任。1984年、シーズン途中で休養。

1995年、読売ジャイアンツの打撃コーチに就任。松井秀喜元木大介高橋由伸を育てた。

2000年、体調不良で退団。野球解説者として活躍していた。


2002年8月23日、肝不全のため逝去。